キャリア教育

追大キャリア形成支援プログラム

本学では、学生のみなさん一人ひとりの主体的なキャリア形成支援を目的として、1年生から4年生まで系統立てたキャリア教育プログラムを実施しています。

主体的なキャリア形成とは、自分で将来進む道を決め、実現に向けて行動を起こしていくことです。そのためには、自分自身を見つめ直し、社会のことを知り、将来なりたい自分をイメージしながら、それに見合った知識や能力を養っていく必要があります。

本学では、座学でじっくりと知識を習得できる科目から、キャンパスを飛び出して実践を通じて学びを深めるプログラムまで、幅広いキャリア教育プログラムを用意しています。積極的な参加を推奨します。

プログラム内容

■ キャリア形成科目

主体的なキャリア形成のために正課の授業を実施しています。1・2年次には働くことに関して考えるきっかけをつかむこと、3年次には仕事や職業について理解を深め、将来のビジョンについて具体的に検討すること、4年次には社会人になるために必要な能力を確認し、準備をすることを目的としています。
科目名等については以下に掲載の図表「キャリア形成支援プログラム」を確認ください。

■ インターンシップ

企業や団体での就業体験を通じて、社会人として必要なスキルや考え方を身につけ、実際に仕事を経験する中で業種や職種、仕事への理解を深めます。インターンシップをより有意義にするための事前・事後学習も行っています。

■ プロジェクト

地域や企業など様々な主体と関わりながら、チームで協働してプロジェクトの目標に向かって行動し、一定期間のなかで成果を上げる経験をします。その経験を通じて、チームワークや課題発見・解決力などチームで一つの成果を創り上げるために必要な知識や能力を養います。

画像をクリックするとPDFをダウンロードできます。

留学体験レポート

頑張る追大生 VOICE!

追手門学院大学 新キャンパス計画

アサーティブプログラム

追手門学院大学 × GAMBA OSAKA ガンバ大阪とパートナーシップ協定を結んでいます。

PAGE TOP