リーダー養成コース

日本一、多様なリーダーシップを実践する
全学部対象の「追手門学院大学リーダー養成コース」

追手門学院大学リーダー養成コースの特徴

  1. 教職員と学生、先輩学生と後輩学生との「チームによるToteisei(徒弟制)」を導入した学習共同体。
  2. リーダーシップ養成の基礎を学ぶ追手門学院大学リーダーズ・スクール・ゼミナール
  3. サバイバル型のプログラムを実施
  4. 他大学及び他国の学生との交流を取り入れたプログラムを実施
  5. チームによる「Toteisei(徒弟制)」を実践するため、教職員が参画

追手門学院大学リーダー養成コースの概要

  • <目的>リーダーシップを効果的に発揮するために必要な知識・技能・態度を養成し、本学の教育理念である「独立自彊・社会有為」を実践できる人材を育成します。
  • <定員>40名
  • <資格>本学の学部学生で、本コースの目的を理解しており、かつ選考直近の学期までの通算GPAが、原則として2.0以上が必要です。
  • <選考>筆記試験及び面接による選考。選考及び決定は秋学期成績発表後に行います。

追手門学院大学リーダー養成コースでの学びの流れ

追手門学院大学リーダー養成コースでは、系統立ったプログラムを構築しています。基礎理論を実践へとつなぐ、追手門学院大学リーダーズ・スクールゼミナールを必修とし、その学びを国内外のプログラムで実践する経験を通じて「独立自彊・社会有為」を実践できるリーダーを育成します。

リーダー養成コースの単位認定

単位認定はプログラムを修了した翌学期に行う。単位認定を希望する学生は、プログラムを修了した翌学期の定められた期間に、教務課へ各プログラム修了証(写)を教務課に提出すること。
ただし、所定の期間内に提出がない場合は、単位認定を行わない。なお、卒業年度の秋学期に修了したプログラムについては、単位認定を行わない。

リーダー養成コースの科目について

区分 科目名 単位数 配当年次 備考
講義科目 追手門学院大学リーダーズ・スクール・ゼミナール 2 1 リーダー養成コース生
専用科目
リーダーシップ・チャレンジプログラムⅠ リーダーズプログラム1 2 1 最大2単位まで卒業に必要な単位として認める
リーダーズプログラム2
リーダーズプログラム3
リーダーズプログラム4
リーダーズプログラム5
リーダーシップ・チャレンジプログラムⅡ リーダーズプログラム6 2 2 最大2単位まで卒業に必要な単位として認める
リーダーズプログラム7
リーダーズプログラム8
リーダーズプログラム9
リーダーズプログラム10
リーダーシップ・チャレンジプログラムⅢ リーダーズプログラム11 2 2  

※1 チャレンジプログラムの単位認定は、プログラムが終了した翌学期に行う。

※2 卒業年度の秋学期に修了したプログラムについては単位認定を行わない。

リーダー養成コースの修了要件

リーダー養成コース修了の要件は、追手門学院大学リーダーズ・スクール・ゼミナールの2単位を修得し、修了課題を提出したうえで次の各号のいずれかを満たさなければならない。

  • (1)リーダーズプログラム6から11のいずれか2単位を含めて、リーダーズプログラム1から11の4単位を修得
  • (2)リーダーズプログラム6から11のいずれか2単位を修得し、学生リーダーズ・サマースクール(国内プログラム)を修了

留学体験レポート

頑張る追大生 VOICE!

追手門学院大学 新キャンパス計画

アサーティブプログラム

追手門学院大学 × GAMBA OSAKA ガンバ大阪とパートナーシップ協定を結んでいます。

PAGE TOP