大学院

心理学研究科

本研究科の目標と特徴

心理学専攻(修士課程)

  1. 社会のニーズに応えるために、幅広い心理学の領域を備えた大学院修士課程である。
  2. 臨床心理学コース、生涯発達・生涯教育心理学コース、社会・環境・犯罪心理学コースの3コースを設けて、実社会に通じる心理学の高品質で高度な専門教育を実施している。
  3. 担当教員数が多く、院生の研究したい領域に応えることが出来る。
  4. 臨床心理士、臨床発達心理士、学校心理士など資格取得に応えるカリキュラム構成である。
  5. 院生中心の教育を基に、個人の学びに応じた心理学の専門教育を実施している。
  6. 心理学研究や実習のために充実した施設を持つ。
  7. 院生と教員との距離が近く、アカデミックアドバイザーとして充実した学習の支援を行っている。
  8. 充実した外部施設での実習を確保している。
  9. 懇切丁寧な修士論文の指導。
  10. 支援法に関する現実場面で役に立つ、理論に基づいた実践的授業の実施。

臨床心理学コース

臨床心理学コースは日本臨床心理士資格認定協会第1種指定校として認定を受けています。臨床心理学の研究者養成とともに、心理臨床の専門的知識と技能を用いて心理的問題に関わり援助するための高度専門職養成という2つの教育を目的としています。臨床心理士受験資格を取得するために必要なカリキュラムを設定しており、必修科目で臨床心理学の様々な心理療法や臨床心理査定の知識と技能を修得できる科目を用意し、学内外の多様な実践現場での実習を実施しています。

生涯発達・生涯教育心理学コース

高度な心理学的専門知識をもとに臨床発達心理士、学校心理士の資格を取得し、社会の中で訓練された専門職業人として活躍することを目指すとともに、知識基盤社会を支えるために専門的な発達心理学・教育心理学の知識を持った教養人の養成、および研究者の育成を目的としてカリキュラムを構成しています。そのため、カリキュラムは学校心理士、臨床発達心理士の資格取得を可能にする科目を配置し、資格取得に必要な実習については、学外の施設と提携して実習を行うことにより授業の中で実習を保証すると同時に、教育心理学や発達心理学についての専門的知識と実践的技能の獲得ができる科目を整備しています。

社会・環境・犯罪心理学コース

知識基盤社会を支える高度な心理学の専門的知識を持った教養人の養成をすること、および研究者の養成をめざしてカリキュラムを整備しました。つまり、実社会において、様々な現場で心理学の専門的知識を応用して環境を整備し、人々が心豊かに生きていくことができるように日常的援助をすることを目的としています。そのための多様な知識や現場での研究法などを取得できる科目を用意しています。

留学体験レポート

頑張る追大生 VOICE!

追手門学院大学 創立50周年 2016年、追手門学院大学は創立50周年を迎えます。

キャンパスレポート 学生ブログ。キャンパスのいまがわかります。

追手門学院大学 × GAMBA OSAKA ガンバ大阪とパートナーシップ協定を結んでいます。

PAGE TOP