• 大学紹介
  • 障害のある受験生や学生に対する取組み

障害のある受験生や学生に対する取組み

入学試験における配慮について(問合せ:入試課 072-641-9165)

  • 身体機能に障害のある方で、受験時および入学後に特別な配慮を必要とする場合は、必ず出願前に入試課にご相談ください。(診断書の提出が必要となります)
  • 点字による受験、別室受験および試験時間延長等を希望する場合の試験場は、本学試験場に限ります。
  • 出願前後の不慮の事故等による負傷者・疾病者で、受験時および入学後に特別な配慮を必要とする場合は、至急入試課に申し出てください。(診断書の提出が必要となります)
  • 受験時に提出していただいた診断書等の特別配慮に関する書類は、入学後に必要な配慮を検討する資料として教学部署で共有します。

大学構内のバリアフリーの状況

入学後の支援内容・支援体制(支援に関する窓口の設置状況、授業や試験等における支援体制・教材の保障等)

  • 入学時の健康状況の把握(問合せ:学生課 072-641-9627 保健室 072-641-9630)
    全新入生を対象に「健康状況調査」を実施し、健康診断の結果をもとに状況を把握し、健康診断の問診時に、授業等における配慮の必要性を確認します。配慮を必要と判断した学生には、面談を行い、関係部署と共有を行います。
  • 授業・定期試験における配慮(問合せ:教務課 072-641-9614)
    • 受講に関する相談シート(学生状況について)にて希望を受け付け、必要に応じて個別対応をします。
    • 試験における試験配慮希望届を受け付け、必要に応じて個別対応をします。
  • 就職支援(問合せ:就職・キャリア支援課 072-641-9632)
    本人からの申し出に応じて下記のようなサポートを実施します。
    • 企業における「障害者枠」の説明をします。
    • 「障害者枠」での活動を希望する学生には、障害学生の就職支援団体を紹介します。
    • その他対象者の状況に応じた個別指導を実施します。

受入実績(入学者数、在学者数、卒業・修了者数、就職者数等)

留学体験レポート

頑張る追大生 VOICE!

追手門学院大学 新キャンパス計画

アサーティブプログラム

追手門学院大学 × GAMBA OSAKA ガンバ大阪とパートナーシップ協定を結んでいます。

PAGE TOP