• 新着情報
  • アジア学科主催 講演会「インバウンド観光の現在」を開催します

新着情報

ニュース

2016.12.27

アジア学科主催 講演会「インバウンド観光の現在」を開催します

2017年4月より、国際教養学部アジア学科は国際日本学科へと名称変更を行います。
これに先立ち、講演会を複数回にわたって開催いたします。

今回は、「インバウンド観光の現在」をテーマとして、
本学の教員による講演とパネルディスカッションを行います。

2015年ユーキャン新語・流行語大賞の年間大賞に選出された「爆買」。
一段落した今、文化的関心が高まりつつあるのか?
NHK大河ドラマ“真田丸”の舞台でもある大阪城への来場者は200万人を超えるが、
約4割が外国人。
はたして、「爆買」同様に、日本の歴史・伝統文化体験を目指して旅行者が増加するのか。
こうした動向をテーマに議論します。

【開催日時】
 2017年1月19日(木)14:30-16:30
【会  場】
 追手門学院大学5号館6階「5605教室」
【事前申込等】
 参加無料、事前申込不要
【講演内容】
 ・井出明准教授:コンテンツツーリズムとインバウンド観光
 ・齊藤一誠教授:体験型日本文化のすすめ
 ・筒井由起乃准教授:大阪城と温泉。地理的文化的魅力再発見。
            ―海外にも温泉はあります。でも、水着で入ります。-
 ・パネルディスカッション コーディネーター:豊島眞介教授
【お問合せ先】
 追手門学院大学 教務課 国際教養学部担当:072-641-9620

掲載日時:2016年12月27日

留学体験レポート

頑張る追大生 VOICE!

追手門学院大学 新キャンパス計画

アサーティブプログラム

追手門学院大学 × GAMBA OSAKA ガンバ大阪とパートナーシップ協定を結んでいます。

PAGE TOP