• 新着情報
  • 追手門学院大学×ガンバ大阪 エコボランティア活動拡大

新着情報

ニュース

2017.02.23

追手門学院大学×ガンバ大阪 エコボランティア活動拡大

追手門学院大学は、帝人フロンティア株式会社と株式会社ガンバ大阪が吹田スタジアムで取り組む、ペットボトルのリサイクル活動に参画します。
参画するのは経営学部水野浩児ゼミの学生約50 名です。2017 年J リーグ開幕戦となるガンバ大阪対ヴァンフォーレ甲府戦【2 月26 日(日)】から参画し、学生たちがスタジアムから出る使用済みのペットボトルを回収し、キャップとボトルに分けて整理します。水野ゼミの学生たちは2009 年より「エコボランティア活動」として、ガンバ大阪のホームスタジアムにおいてゴミ分別の啓発活動を行っており、この実績をベースに活動領域を広げます。
学生たちが回収・分別したペットボトルは、帝人フロンティアで再生ポリエステル繊維にリサイクルされ、グッズに生まれ変わることになっています。回収を見込んでいるペットボトルは年間約8 トン(ペットボトル約30 万本分)です。

参考

ガンバ大阪HP
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/5471/

帝人フロンティアHP
http://www2.teijin-frontier.com/news/170223.html

※追手門学院大学と株式会社ガンバ大阪は、社会貢献活動、⼈材育成を共通の軸にしたパートナーシップ協定を締結しています。
  追大×ガンバ大阪の相互協力により、以下の活動を行っています。
1.学⽣による市⽴吹⽥スタジアム内外での環境保全啓発活動「エコボランティア」・・・来場した観客にゴミの分別を呼びかけ、観客⾃⾝が分別活動に協⼒できるように活動します。
2.ガンバ⼤阪におけるインターンシップJリーグ屈指の強豪チームであるガンバ⼤阪の⼀員として、吹⽥スタジアムにおける業務活動にガンバのスタッフと⼀緒に試合の運営を含めて参加します。現場で学⽣が⾃ら考え企画、提案後、実施する、実践型インターンシップになります。
3.オフィシャルパートナーとして、選⼿及びスタッフ着⽤のトレーニングウェア背⾯に、「追⼿⾨学院⼤学」のロゴを記載。スタジアム内に⼤学名の看板設置。
4.ガンバ⼤阪アカデミーコーチによる、本学主催サッカー教室の開催。
5.追⼿⾨学院⾼等学校でのガンバ⼤阪ユース選⼿受け⼊れ。

掲載日時:2017年2月23日

留学体験レポート

頑張る追大生 VOICE!

追手門学院大学 新キャンパス計画

アサーティブプログラム

追手門学院大学 × GAMBA OSAKA ガンバ大阪とパートナーシップ協定を結んでいます。

PAGE TOP