インターンシップ

インターンシップ概要

追手門学院大学のインターンシップは、企業や団体での就業体験を通じて、社会人として必要なスキルや考え方を身につけ、実際に仕事を経験する中で、業種や職種、仕事への理解を深めることをねらいとして行っています。

■2000年度から経営学部において正課科目としてスタート。

■2001年度には全学部の3年生を対象に実施。

■2014年度には対象を2年生にも拡大。126社、221名の学生が実習に参加。

■2015年度には対象を全学年へと拡大し、130社、293名が参加。2018年度には146社、437名と増加傾向です。

■実習には、業界・業種を問わずビジネス現場や仕事を経験したい人、企業の実際を知りたい人を対象とした体験型のプログラムを中心に、ビジネス現場での本気のチャレンジを通じて成長したい人を対象に、中長期実践型プログラム「追大実践型インターンシップ」を本学独自に開発しています。

また、発展著しい新興国をはじめ、海外でのインターシップも多数展開しています。

2020年度インターンシップ報告書

2020年度夏期には、新型コロナウイルス感染症の拡大に対応し、オンラインでのプログラムを開発、実践しました。以下の報告書に概略をまとめています。

本学のインターンシップ分類

インターンシップの実績

2018年度の実績(全学年を対象に実施)

実習先総数:146事業所

参加者数:437名

学部 学科 参加学生
1年 2年 3年 4年 合計
経済学部 経済学科 24 26 32 2 84
経営学部 経営学科 30 25 52 2 109
心理学部 心理学科 30 28 17 8 83
社会学部 社会学科 17 12 18 1 48
国際教養学部 アジア学科(国際日本学科) 23 8 34 1 66
国際教養学科
地域創造学部 地域創造学科 13 15 11 3 42
合計 142 114 164 17 437

インターンシッププログラム

本学では、全学部全学年対象にインターンシップを実施しています。
企業・団体等での就業体験に加え、事前・事後学習も行い、インターンシップをより有意義なものにできるようプログラムを組んでいます。

インターンシップの流れ

夏期休業期間において実施されるインターンシップ実習にむけての流れは上記の通りです。
具体的な日程や応募方法などについては、CAMPUSSQUAREを通じてお知らせします。
インターンシップの制度や流れ等は変更する場合があります。

事前研修

事前学習としてインターンシップ実習に参加するために必要なビジネスマナー、社会人としてのルール、職業意識等について学習します。

主な内容
  • インターンシップの概要
  • インターンシップとキャリア形成-具体的な目標設定
  • 自己プロフィールの作成-自分の強み・成功体験を自覚する
  • 応募書類の作成
  • 業界・企業研究
  • ソーシャルネットワークの活用
  • 社会のルール
  • ビジネスマナー

事後研修

実習全体を振り返り、目標の達成状況の検証、気づき・学びを整理し、自己評価・他者評価を通じて、次の課題・目標につなげます。

インターンシップ実習報告会

実習で学んだこと、気づいたこと、今後の課題などを発表します。
それぞれの体験や成長を共有し、就職活動に向けての意識を高めます。

報告会では、グループディスカッションにより、お互いの成果を共有し合う場面も。

インターンシップに関するお問合せ・相談窓口
インターシップ担当



茨木安威キャンパス :教学企画課 キャリア開発センター(1号館1階)
           TEL:072-641-9706(平日 9:10~17:00)

茨木総持寺キャンパス:教学企画課 キャリア開発センター(2階 就職・キャリア支援課内)
           TEL:072-697-8174(平日 9:10~17:00)

追大実践型インターンシップ

追大実践型インターンシップの取り組み

追大実践型インターンシップとは・・・


受け入れ先様の”リアルな課題”に取り組む実践型のインターンシップです。

経営者のアイデアを形にしたい、社員の人材育成力を高めたい、チャレンジし続ける社風を強化したい、人材採用の課題を解決したい・・・など、受け入れ先様が抱える課題の解決にインターン生を活用してください。学生は社会で求められる力を養うことができ、受け入れ先様にとっては自社の課題解決につながる、双方にとってメリットのあるプログラム設計をしています。

追大実践型インターンシップ

インターンシップ受入~修了までの流れ

インターンシップ受入~修了までの流れ

▲画像をクリックすると[2018年度参加学生の声]PDF版が開きます。

コーディネート事例一覧

2017年度コーディネート事例一覧

事例:日本タクシー株式会社(業種:運輸業)

日本タクシー株式会社

▲画像をクリックするとPDF版が開きます。

事例:特定非営利活動法人いばらき(業種:医療・福祉)

特定非営利活動法人いばらき

▲画像をクリックするとPDF版が開きます。

海外インターンシップ(2017年度~)

事例:実践型 海外インターンシップ in ベトナム

▲画像をクリックするとPDF版が開きます。