EN / CN

追手門学院創立130周年記念式典まであと XX

就職活動ミニガイド

就職活動を始めるにあたって

就職活動って何をすればいいのですか?
まずは就職活動の流れを理解することが重要です。大学の就職・キャリア支援課への進路登録や就職情報サイトへの登録といった事前手続きから、自己分析や業界研究といった事前準備、筆記試験や応募書類や面接への対策など、活動の流れに合わせてするべきことはたくさんあります。本学の就職・キャリア支援課が主催する就職ガイダンスは、就職活動の流れに合わせて必要な情報やスキルを伝えていきますので、ぜひ参加するようにしてください。
就職活動はいつ頃から始めればいいのですか?
本学では5月から就職ガイダンスを開始します。夏休みを上手く活用するためにもぜひ春学期から準備を始めるようにしてください。
就職活動をするにあたって有利な資格はありますか?
専門職で資格がなければ仕事ができないなどという場合を除いて、資格による有利不利はありません。資格は就職活動のために取るものではなく、将来自分がやりたい仕事に活かすために取るものですので、目的を持って資格の取得に取り組むことが大切です。
就職情報サイトというのはどういうものですか?
みなさんが就職活動を行ううえで欠かすことのできない企業求人情報をはじめ、自己分析や業界研究の進め方などの活動に役立つ様々な情報が載っているインターネット上のサイトです。いろんな会社がサイトを立ち上げていますので、それぞれ特徴を理解して上手く利用することが大切です。各サイトの情報や登録については、就職ガイダンスで詳しく説明します。

就職活動への取組みについて

履歴書やエントリーシートが上手く書けないのですがどうすればいいですか?
就職・キャリア支援課では履歴書やエントリーシートの添削指導を行っていますので、ぜひ相談に来てください。応募書類はただ埋めればよいのではなく、それぞれの質問には意図がありますから、それをしっかりと理解したうえで書くことが重要です。経験豊富な第三者に見てもらうことで書類の書き方の力をつけてください。
面接試験に対する不安があるのですが何かアドバイスしてもらえるのでしょうか?
就職・キャリア支援課では、面接試験を受けるにあたってのマナーや注意点などについてのアドバイスのほか、実際の面接を想定して行う模擬面接など、様々なサポートを行っています。また、面接を何度受けても上手くいかないという方に対しても、一緒にその原因を考えながら助言や指導を行っています。ぜひ気軽に相談に来てください。
企業の求人はどのようにして探せばいいのですか?
主な手段としては、UNIVERSAL PASSPORT、おうてもん就職ナビで検索する方法と就職情報サイトで検索する方法があります。大学にいただいている求人は本学学生への採用意欲の高い企業ばかりで、大変価値のある情報です。また、就職情報サイトに掲載されている求人は、情報の多さや掲載企業の地域性など様々な特色があり、自身の用途に応じた利用が出来る便利さがあります。どちらか一方ではなく、必要に応じて両方とも積極的に利用してください。

採用選考開始以降について

就職採用試験にはどのようなものがありますか?
主な試験としては、筆記試験と書類選考と面接試験の3種類があります。筆記試験で一般的に行われているのは、一般常識試験とSPIなどです。また、書類選考に使われる書類には履歴書やエントリーシート、小論文などがあります。そして、主な面接試験には個人面接と集団面接とグループディスカッション・グループワークがあります。
内定と内々定とは何が違うのですか?
一般的に内々定は、入社予定の前年10月1日より以前に口頭・電話・文書で企業から伝えられる採用の予約のことをいいます。内定は、それ以降に「内定通知」を文書で通知することにより行われます。どちらも採用の予約という意味において同じことであると解釈できます。
大学の授業や試験と企業の採用試験が重なった場合はどうすればよいのですか?
通常授業の場合は、
まずは授業担当教員に事前に連絡してください。その結果、証明が必要であれば、事前に就職・キャリア支援課に所定の用紙があるので、申請を行い「就職採用試験等出席証明書」を受け取り、当日に企業の人事担当者に捺印証明を受け、授業担当教員に提出してください。

定期試験の場合は、
追試の申請には、必ず「就職採用試験等出席証明書」の提出が必要です。
詳細は、『STUDY GUIDE』の追試験を良く確認のうえ、就職・キャリア支援課に事前申請を行い当日に、企業の人事担当者に捺印証明を受け、期間内に教務課に提出してください。
内定辞退をしたい場合はどうすればよいのですか?
まずは就職・キャリア支援課まで相談に来てください。辞退に至るまでの経緯や状況は様々かと思いますが、きちんとした対応をしなければなりません。企業に多大な迷惑を掛けることもありますので、慎重に対応してください。
面接ではどんなことを聞かれるのですか?
「ゼミや卒論」、「大学時代に力を注いだこと」、「自己PR」、「志望動機」に関する質問が中心です。特に最近は志望動機を重視している企業が多くなっています。これらの質問を通して、企業は「一緒に仕事をしたい学生」を探しています。