ホーム>学部・大学院>特色>GP事業>追大型自主自立キャリア支援モデルの展開

追大型自主自立キャリア支援モデルの展開

追手門学院大学の就職支援体制が文部科学省の「現代GP」に採択されました

実施年度:2007年度~2009年度

追手門学院大学が力を入れている学生のキャリア支援。その全学的なサポート体制が現代GPに採択されました。2007年、国公立私立大学・短大のうち、現代GPに採択されたのは517件中わずか102件。採択率は19.7%でした。

追手門学院大学の就職支援体制が、優秀なプログラムであると認められた結果です。

入学前から卒業後まで計画的にキャリア意識を高めます

就職環境が激しく変化している現代。多くの人は「自立したい」「自分の能力を充分活かしたい」「人生をすばらしいものにしたい」という考えを持っています。その一方で具体的な目標の設定にはいたっていない人も多いというのが現状です。

追手門学院大学では入学前からキャリア教育を行い、学生が自己や社会を理解して将来の目標を持てるよう誘導しています。教育理念である「自主・自由・自立」の学びを更に補強するこの取組み。目指すのは高い目的意識を持ち将来計画を立てられる力、そして未来の職場においても主体的に物事に挑戦する力の育成です。

キャリア教育が生み出す3つの成果

  1. 学生がスムーズに大学生活になじみ、早期から自分の目標を自覚することで充実した学生生活を送ることができる。
  2. 卒業後の進路選択、職業選択、企業選択などの場面で主体的に意思決定ができ、スムーズに社会参加することができる。
  3. 社会に出た学生があらゆる環境変化に対応し、主体的に問題解決に取り組むことによって社会に貢献できる。

自主自立型人材を育む追手門学院大学独自のキャリア支援教育

教員・職員が連携し学生を支える相談体制

学生のキャリア意識が高まってくる時期を狙い、キャリア個別相談週間を設けます。従来は教員・職員が個別に相談に応じていましたが、本年度からは新規のキャリア教育専門教員を統括役に任命。期間中、相談対応者が一堂に会した学生の個別相談会を行い、対応者同士、互いに連携をとりながら包括的にサポートします。

活動体験を蓄積する「キャリア体験データベース」の導入

学生自らがキャリア体験を記録し、感想や反省を言語化することによって自己をより客観的に見つめ、問題や課題発見の機会を得ることができます。データにはインターンシップなどだけでなく、大学を経由しなかったボランティア活動や地域活動、更にはアルバイト活動など社会との接触体験もカバー。過去の記録を振り返ることで達成感や自信を深め、エントリーシートや履歴書作成時に役立ちます。

5つのメリット
  • 言語化・文章化の過程で「気付き」「自覚」を促すことができる。
  • データを書き込みたい時はweb上で簡単に入力できる。
  • 蓄積データを随時確認できるので、自分の成長過程知ることができる。
  • 自分の現状を知り、取組み課題や方向性を発見できる。
  • 就職活動時、履歴書作成の自己分析資料になる。

追大型キャリア教育の流れ

入学前/1年次【早期教育で基礎を固める】

プリエントランスの集い

2003年度から専願入試合格者を対象に行っています。あらかじめ大学の雰囲気や心構えを学んだり、新しい仲間たちと打ち解けることで大学生活をスムーズにスタートさせることができます。

新入生演習

全員履修科目としてゼミ形式で行い、教員や学生同士での人間関係形成を支援します。また、大学生活で必要な資料の収集方法、発表の方法など、大学生活の基本を学びます。

キャリアデザイン論

充実した大学生活を送るための動機づけや基礎づくりを行います。キャリア教育のプロや幅広い分野の講師によるこの授業では、キャリア形成やライフプランニングについての意識を高めます。

通信添削指導

入学前の教育を補強・充実させる目的で、実施している添削指導教育です。日本語の理解力と表現力の指導が主で、一人ひとりの学力に応じた指導が可能です。

2年次【実践的にキャリア意識を高める】

キャリア形成論1・2

「キャリア形成論1」では、自己理解、職業・仕事の理解を通じ、ライフプラン・キャリアプランを設定する力を高めます。「キャリア形成論2」では、具体的な業界や仕事について理解を深めます。

キャリア実践塾

少人数制で企業OBの職業観・人生観に直接触れることで「学び」や「気づき」を促し、「キャリア形成論」での学びとの相乗効果が期待できます。各塾長の個性と経験を活かした活動が特徴です。

プレ・インターンシップ

茨木市で開催される短期間のイベントなどに運営側として参加します。企画から事後処理まで、一通りの仕事に取り組むことでミニ就労体験を経験。3年次のインターンシップへ繋がります。

キャリア相談

3年次/4年次/卒業後【進路決定と進路に必要なスキルを磨く】

インターンシップ1・2

就業体験により働くことの意味や実態を学び、実社会で求められるスキルの修得へと繋げます。「インターンシップ1」でビジネスマナーやスピーチ実習教育を行った後、インターンシップ現場に参加。終了後の「インターンシップ2」で自己分析や事後スピーチを行って進捗度を確認します。

就職・進路支援

就職ガイダンス、専門のキャリアコンサルタントによる就職・進路相談、優良企業を学内に招いての会社説明会など多種多彩な支援行事で学生の就職活動を応援します。また、阪急茨木市駅前に「サテライトオフィス茨木」、大手前キャンパスに「サテライトオフィス大手前」を開設し、在学生だけではなく、卒業生の就業活動も応援します。

資格取得支援
  • 社会人として必要な基礎力の養成講座
  • 目指す職業への資格取得対策講座
  • 就職試験への万全な対策講座

インターンシップ

サテライトオフィス茨木

サテライトオフィス大手前