大学院について

大学院での学び

追手門学院大学大学院長 浦 光博

大学院で学ぶことは素晴らしい経験になります。 学び続けることの楽しさ、研究成果として形あるものを得ることのできる喜び、さらには、自らの研究成果が 人びとの目に触れ、社会の共有財産となっていくことの誇らしさ。追手門学院大学大学院は、教員と学生とが一体となってこれら素晴らしい経験を重ねることができるよう、教育・研究環境を整備しています。研究者になるため、専門的職業へのライセンス取得のため、充実した知的人生の糧として、また社会人の学び直しの機会として、本学の充実した学習環境を活用していただきたいと願っています。

取得できる資格

中学校および高等学校教諭一種免許状授与の所要資格をもっており、教育職員免許法および同法施行規則に定める所要単位を修得したものに限り、中学校および高等学校教諭の専修免許状の授与資格を得ることができます。

研究科 専攻 高等学校教諭専修免許状 中学校教諭専修免許状
経営・経済研究科 経済コース 公民 社会
経営・経済研究科 経営コース 公民・商業・情報 社会
心理学研究科 心理学専攻 公民 社会
現代社会文化研究科 現代社会学専攻
国際教養学専攻
公民
英語
社会
英語

※心理学専攻において所定の単位を修得した場合は、「学校心理学」、「臨床心理学」、「発達心理学・教育心理学」、「社会心理学」のいずれかの分野の記入を受けることができる。

大学院学内推薦入試

追手門学院大学では、大学院に進学して専門領域のより高度な研究を進めようとする学生に対して、学内推薦入試を実施しています。対象となるのは、経済学研究科では、経済学部と経営学部卒業生(卒業後2年以内)または当該年度卒業見込み者。経営学研究科経営学専攻及び、文学研究科英文学専攻では、本学卒業生または当該年度卒業見込み者が対象となります。学科試験は行わず、口頭試問または面接と、在学中の学業成績による学力評価によって選考するという点が、この学内推薦入試の大きな特徴となっています。