EN / CN

追手門学院創立130周年記念式典まであと XX

ホーム>学部・大学院>大学院>大学院について

大学院について

大学院とは

追手門学院大学では、専門分野をより深く極めようという学生たちのために、経済学、経営学、心理学、文学の4研究科6専攻を有する大学院を開設。博士後期課程の新設や資格取得の支援なども積極的に行い、ハイレベルな教育・研究に取り組んでいます。 近年、大学院に対する社会的期待は急速に高まりつつあります。現代の社会が複雑化、国際化を加速させており、国際競争を勝ちぬくためには、豊富な専門知識を持ったスペシャリストの存在が欠かせなくなったからです。さらに、生涯学習の進展などを背景に、社会人再教育のためにも、大学院の高度な専門教育が必要となってきたからです。大学院での研究活動が拡大・深化するにつれ、その成果への期待も大きく膨らんでいます。 追手門学院大学の大学院では、こうした社会の期待に応えるために、教育・研究のさらなるレベルアップを図っています。例えば、より高度な専門教育を行うために、経済学専攻と経営学専攻に博士後期課程が開設されています。さらに、心理学専攻においては、「学校心理士補」の資格も申請可能になっています。研究活動においても、各専攻が、それぞれに社会的貢献に値する成果を着実にあげつつあります。

取得できる資格

中学校および高等学校教諭一種免許状授与の所要資格をもっており、教育職員免許法および同法施行規則に定める所要単位を修得したものに限り、中学校および高等学校教諭の専修免許状の授与資格を得ることができます。

研究科 専攻 高等学校教諭専修免許状 中学校教諭専修免許状
経済学研究科 経済学専攻 公民 社会
経営学研究科 経営学専攻 公民・商業・情報 社会
心理学研究科 心理学専攻 公民 社会
文学研究科 社会学専攻
中国文化専攻
英文学専攻
公民
地理歴史・公民
英語
社会
社会
英語

※心理学専攻において所定の単位を修得した場合は、「学校心理学」、「臨床心理学」、「発達心理学・教育心理学」、「社会心理学」のいずれかの分野の記入を受けることができる。

大学院学内推薦入試

追手門学院大学では、大学院に進学して専門領域のより高度な研究を進めようとする学生に対して、学内推薦入試を実施しています。対象となるのは、経済学研究科では、経済学部と経営学部卒業生(卒業後2年以内)または当該年度卒業見込み者。経営学研究科経営学専攻及び、文学研究科英文学専攻では、本学卒業生または当該年度卒業見込み者が対象となります。学科試験は行わず、口頭試問または面接と、在学中の学業成績による学力評価によって選考するという点が、この学内推薦入試の大きな特徴となっています。