ホーム>学部・大学院>大学院>心理学研究科>「公認心理師」資格取得について

「公認心理師」資格取得について

万全のカリキュラム、経験豊富な教員のサポート

追手門学院大学心理学部・大学院心理学研究科では国家資格である公認心理師の養成に万全の体制で臨みます。国家試験の受験資格を得るためには学部で25科目、大学院で10科目を修める必要がありますが、本学では学部・大学院ともにこれら全ての科目が履修できるカリキュラムを用意しています。また、これらの科目のうち学部の「心理実習」では80時間以上の実習が、大学院の「心理実践演習」では450時間以上の実習がそれぞれ必要ですが、どちらも経験豊富な教員による十分なサポートが受けられます。

臨床心理学コースと生涯発達・生涯教育心理学コースで「公認心理師」資格の習得が可能

大学院心理学研究科臨床心理学コースはこれまで日本臨床心理士資格認定協会第1種指定校として臨床心理士の養成に努めてきましたが、2018年度以降は臨床心理学コースで学ぶことで臨床心理士と公認心理師のダブルライセンスの取得も可能になります。また、生涯発達・生涯教育心理学コースでは公認心理師に加えて、臨床発達心理士(臨床発達心理士認定運営機構)と学校心理士(学校心理士認定運営機構)の資格取得を可能にする科目を配置しています。社会・環境・犯罪心理学コースでは、「公認心理師」の受験資格の取得はできないものの、臨床発達心理士(臨床発達心理士認定運営機構)、学校心理士(学校心理士認定運営機構)の資格取得を可能にする科目を修得できます。さらに、司法・矯正及び更生保護の各現場で活躍できる専門家あるいは研究者の育成に取り組んでいます。