入試情報

入試制度一覧

アサーティブ入試

前期日程
後期日程
出願について
出願資格
以下の(1)(2)のいずれかの条件を満たし、かつ(3)および(4)の条件を満たす者で、アサーティブプログラムの趣旨を理解し、本学を専願とする者。
  • (1)高等学校もしくは中等教育学校を2018年3月卒業見込みの者。
  • (2)通常の課程により12年の学校教育を2018年3月修了見込みの者。
  • (3)アサーティブプログラムのガイダンスに参加した者で少なくとも個別面談を1回は受講した者。
  • (4)アサーティブ入試合格後、入学前学習プログラムに参加可能な者。
インターネット出願
出願期間内に、インターネット上の出願サイトで出願登録を行ってください。
郵送書類

前期日程

  • (1)写真(出願の際に画像データをアップロードした場合は郵送不要)
  • (2)在学証明書(募集要項にとじこみ)
  • (3)調査書(1次試験合格者のみ2次試験までに提出)
  • (4)志望理由書(募集要項にとじこみ)
  • (5)個別面談証明書(募集要項にとじこみ)

後期日程

  • (1)写真(出願の際に画像データをアップロードした場合は郵送不要)
  • (2)調査書(前期日程受験時に提出済みの場合は不要)
  • (3)志望理由書(募集要項にとじこみ)
  • (4)個別面談証明書(募集要項にとじこみ)(前期日程受験時に提出済みの場合は不要)

公募制推薦入試

close

得意科目を活かした受験パターンを選べます。
前期日程 2教科基礎力型

「高得点科目重視方式」の活用例

スタンダード方式で受験した高得点の科目を重視した配点により合否を判定するため、得意科目を活かすことができます。

なお、高得点科目重視方式への出願はスタンダード方式の受験が必須です。

前期日程 数学基礎力型 /
地歴公民基礎力型

2教科基礎力型(英語・国語)と併願した活用例

特徴はこちら
前期日程
後期日程
出願について
出願資格
[公募制推薦入試 全日程共通]
次の各号のいずれかに該当する者。
  • (1)高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者および2018年3月卒業見込みの者。
  • (2)通常の課程により12年の学校教育を修了した者および2018年3月修了見込みの者。
  • (3)学校教育法施行規則第150条の規定により高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者
    および2018年3月31日までにこれに該当する見込みの者。
[注]学校教育法施行規則第150条第7号の規定により出願を希望する者は出願期間開始日1週間前までに入試課にお問い合わせください。
インターネット出願
出願期間内に、インターネット上の出願サイトで出願登録を行ってください。
〈地歴公民基礎力型〉のみ
国際教養学科を受験する場合、英語の評定平均値が3.2以上の者。
[公募制推薦入試 前期日程 2教科基礎力型 高得点科目重視方式]
2018年度公募制推薦入試 前期日程 スタンダード方式を受験する者。
[注1]公募制推薦入試 前期日程 高得点科目重視方式への出願は公募制推薦入試 前期日程 スタンダード方式と同一の学部学科に限ります。
[注2]公募制推薦入試 前期日程 高得点科目重視方式に出願する場合、公募制推薦入試 前期日程 スタンダード方式を受験しなければ合否判定の対象になりません。

一般入試

close

前期日程の日程が拡大

一般入試 前期日程は5日間実施します! (※前年度は4日間)

3教科型を2日間、2教科型を3日間実施。得意科目や都合の良い日程に合わせて、自由に選んで受験できます!

高得点2科目方式
(前期日程 3教科型)

苦手科目をカバー&チャンスを拡大できる「高得点2科目方式」の活用例!

受験した3科目のうち、高得点の2科目の成績を使用して合否を判定するため、苦手科目をカバーすることができます。 なお、高得点2科目方式への出願は3教科型 スタンダード方式全科目の受験が必須です。

高得点科目重視方式
(前期・後期日程 2教科型)

得意科目を活かせる「高得点科目重視方式」の活用例!

受験した2科目のうち、高得点科目を2倍にした配点により合否を判定するため、得意科目を活かすことができます。なお、高得点科目重視方式への出願はスタンダード方式の受験が必須です。

特徴はこちら
前期日程
後期日程
最終日程
出願について
出願資格
[一般入試 全日程共通]
次の各号のいずれかに該当する者。
  • (1)高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者および2018年3月卒業見込みの者。
  • (2)通常の課程により12年の学校教育を修了した者および2018年3月修了見込みの者。
  • (3)学校教育法施行規則第150条の規定により高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者
    および2018年3月31日までにこれに該当する見込みの者。

[注]学校教育法施行規則第150条第7号の規定により出願を希望する者は出願期間開始日1週間前までに入試課にお問い合わせください。

インターネット出願
出願期間内に、インターネット上の出願サイトで出願登録を行ってください。
[一般入試 前期日程 3教科型 高得点2科目方式]
2018年度一般入試 前期日程 3教科型 スタンダード方式を受験する者。

[注1]一般入試 前期日程 3教科型 スタンダード方式に出願し、高得点2科目方式(スタンダード方式と同一学部同一学科に限る)にも出願する場合は、さらに高得点2科目方式で他学科から1学科を選んで出願することが可能。

[注2]一般入試 前期日程 3教科型 高得点2科目方式に出願する場合、一般入試 前期日程 3教科型 スタンダード方式を全科目受験しなければ合否判定の対象になりません。

[一般入試 前期日程 2教科型 高得点科目重視方式]
2018年度一般入試 前期日程 2教科型 スタンダード方式を受験する者。

[注1]一般入試 前期日程 2教科型 スタンダード方式に出願し、高得点科目重視方式(スタンダード方式と同一学部同一学科に限る)にも出願する場合は、さらに高得点科目重視方式で他学科から1学科を選んで出願することが可能。

[注2]一般入試 前期日程 2教科型 高得点科目重視方式に出願する場合、一般入試 前期日程 2教科型 スタンダード方式を全科目受験しなければ合否判定の対象になりません。

[一般入試 後期日程 2教科型 高得点科目重視方式]
2018年度一般入試 後期日程 2教科型 スタンダード方式を受験する者。

[注]一般入試 後期日程 2教科型 高得点科目重視方式への出願は、一般入試 後期日程 2教科型 スタンダード方式と同一の学部学科に限ります。

大学入試センター試験利用入試

close

追手門学院大学桜みらい奨学金給付対象入試

大学入試センター試験利用入試(全日程※)の受験予定者が対象。 出願前に奨学金の採否が分かる予約型給付奨学金制度です。 金額は入学試験の成績に応じて決定します(年額200,000〜750,000円)。 ※大学入試センター試験利用入試 最終日程に限り、採否の通知が出願後となる場合があります。

一般入試⇔大学入試センター試験利用入試の併願について

前期日程4科目型の出願期間

2018年1月31日まで出願受付をしているので、大学入試センター試験の自己採点後に余裕をもって出願できます。

特徴はこちら
前期日程
後期日程
最終日程
出願について
出願資格
次の〈A〉の各号のいずれかに該当する者で、かつ〈B〉に該当する者。

〈A〉

  • (1)高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者および2018年3月卒業見込みの者。
  • (2)通常の課程により12年の学校教育を修了した者および2018年3月修了見込みの者。
  • (3)学校教育法施行規則第150条の規定により高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者および2018年3月31日までにこれに該当する見込みの者。

[注]学校教育法施行規則第150条第7号の規定により出願を希望する者は出願期間開始日1週間前までに入試課にお問い合わせください。

〈B〉

  • 平成30年度(2018年度)大学入試センター試験〈2018年1月13日(土)・14日(日)実施〉において各入試の必要教科数以上を受験する者。
インターネット出願
出願期間内に、インターネット上の出願サイトで出願登録を行ってください。

特別入試

前期日程
後期日程