それは人間らしいか?

【人工知能・認知科学専攻】2021.4 《心理学部》に誕生!※2021年4月設置構想中/内容は予定であり変更となる場合があります。

AIと人の知能メカニズムを繋ぐ、
日本初の学びがSTART!!

現代社会でなくてはならない存在になっているAI(人工知能)は、次の進化を求められている。
工学先行の時代から、心理学と人工知能を認知科学で繋ぐ最先端の学びへ、
より人間中心のAIへとシフト。
新たな可能性に満ちた”Engineering Science”への挑戦を茨木総持寺キャンパスから共に始めよう。

教員インタビュー

教員インタビュー

AI(人工知能)と人の知能メカニズムを
つなぐ文・理の枠を超えた新しい学問です。

これからの社会に必要な
AI(人工知能)を学ぶ。

日本は少子高齢化や過疎化などの課題に直面しています。育児や保育、介護などの現場で人手不足が社会問題となっている現在、解決する手段として注目を集めているのがAI(人工知能)です。AI人材の養成が急務であると同時に、社会問題に対応するAIとなるためには、人の気持ちや心をより理解できるAIに進化させる必要があります。そこで本学では、これまで長年培ってきた心理学の知見や実績を活かし、人の暮らしの中で人のために働くAIの発展と、AIを使いこなせる人材の育成を目的とした新しい理工系分野の学びをスタートさせます。

人の暮らしに役立つ新たな
AI(人工知能)を探究。

心理学部に設置される人工知能・認知科学専攻は、AIと人の知能メカニズムをつなぐ新しい学びです。人とコミュニケーションがとれるAIの開発を進め、人と同じ判断ができるAI技術を研究します。人とのコミュニケーションは言語のやりとりだけでなく、人の表情や声、仕草、動作などの情報をもとに、人の気持ちや考えを読んで見極めるノンバーバルコミュニケーションもこれからのAIには必要です。また、経済や経営、法律、歴史、芸術といったさまざまな学問領域の情報をデータ分析し、AIに組み込むことで、人の暮らしにより役立つAIへと成長させることができます。

文・理の枠を超えた
創造的な学問。

人工知能・認知科学専攻は、理工系のAI(人工知能)からのアプローチと、人(心理学・認知科学)からのアプローチの両視点から学べることが特徴です。人工知能領域として「画像・映像メディア分野」「言語メディア分野」「機械学習・データサイエンス分野」、認知科学領域として「思考・意思決定分野」「身体性認知・制御分野」の5つの研究分野を設けて基礎・基幹・展開科目を学修、各研究分野ごとに専任教員を配置しています。理系・文系の枠を超えた学びの相互活性化を促進することにより、10年後のAI技術を見据えた知識と実践の修得を目指しています。

大学院で研究、
社会で活躍する未来。

基礎科目、基幹科目、展開科目と段階を踏みながら、人工知能や認知科学を深く学ぶ過程で、心理学専攻の科目も14単位履修することができます。4年間の学びを経て、さらに大学院へ進学して修士となることが目標です。大学および大学院で学んだ知識を、AI技術を必要としている自動車などの機械メーカーをはじめ、育児・保育、福祉・介護、流通・物流など、多種多様な分野の企業で活躍できる人材を育成します。最先端のAI技術で幸福な人間社会の構築を実現する、人工知能・認知科学専攻という新しい学問にぜひチャレンジしてください。

乾 敏郎 教授

心理学部 心理学科 人工知能・認知科学専攻

乾 敏郎 教授

京都大学および京都大学大学院教授を歴任、2015年から京都大学名誉教授ならびに本学教授に就任。日本高次脳機能障害学会評議員、日本発達神経科学学会理事。計算論的神経科学、認知心理学、認知科学などを専門分野とし、言語・非言語コミュニケーション機能およびその障害に関する脳内メカニズムの研究に従事。また、認知リハビリテーションの方法の検討や発達原理の理論化も行っている。著作・受賞多数。

学びの概要

AI(人工知能)と人(心理学、認知科学)の両視点を学び、
人間が使いやすいAI(人工知能)を探求する

学びの概要

「人工知能・認知科学専攻」という理工系分野でありながら、心理学部に新設される同専攻は、AI(人工知能)とからのアプローチと、人(心理学・認知科学)からの両視点を学ぶことが特徴です。AI(人工知能)を軸に人(心理学・認知科学)を学ぶことで「より人間らしいAI(人工知能)とは?」を考え、。またそれとは逆に人を軸にAI(人工知能)をみることで「人間とは何か?」も考えていきます。この両視点を学ぶなかで、「幸福な人間社会を築くにはどうすればよいか?」を探求していきます。

カリキュラム

基礎科目・基幹科目・展開科目と段階的な学びを実現。
基礎をしっかり身につけたうえで、各5分野の学びを深めます。

カリキュラム

※上記の表は横スクロールでご覧いただけます。

私立理工系4年間の学費相当額で、
大学院を含む6年間の
専門的な学びが可能!

教員紹介

乾 敏郎教授

  • [専門分野]
  • 計算論的神経科学
  • 認知心理学
  • 認知科学

庄野 修教授

  • [専門分野]
  • 知能情報学
  • 知覚情報処理
  • 計算論的神経科学

本田 秀仁准教授

  • [専門分野]
  • 認知科学
  • 意思決定科学
  • 認知心理学

丸野 進教授(2021年4月着任予定)

  • [専門分野]
  • 画像処理
  • 知能処理
  • ニューロAI

井佐原 均教授(2021年4月着任予定)

  • [専門分野]
  • 人工知能
  • 自然言語処理
  • 機械翻訳

廣瀬 智士准教授(2021年4月着任予定)

  • [専門分野]
  • 認知神経科学
  • 身体制御
  • 脳機能画像解析

入試制度 (一般入試)

入試制度 (一般入試)

人工知能・認知科学専攻(心理学部)を
模擬試験から志望校登録してみよう。