学部案内

地域創造学部Faculty of Regional Development Studies

地域創造学科

地域を活性化する観光・文化・経済などの領域をカバー。
興味ある分野を理解し、課題を見つけ、解決力を養う。

食と農で地域産業に新しい価値を加える「食農マネジメントコース」。政策と経済、2つの視点で地域の課題に挑む「地域政策コース」。旅行者と住民の交流の在り方を探求する「観光コース」。デザインでくらしの場を変えていく「地域デザインコース」から学びを深めます。
フィールドワークを中心に、地域の潜在能力を考察。新たな文化を創造・発信する力を育みます。

学びの領域

4つのアプローチで「地域を元気にする」まちづくりを学ぶ。

NEW食農マネジメントコース

食農を通じて、地域産業に新たな価値を加える。

地域の農業や食文化を次世代に継承していくことは重要です。一方で、これまでのやり方をそのまま続けるだけでなく、世の中の好みや価値観、環境の変化にあわせて変えていくことも必要です。今ある特産品への工夫や、製品開発、ブランド化などによって、地域産業に新しい風を吹き込むことができます。このコースでは、生産、加工、販売といった農業や食品産業の社会での役割と実態を学び、これからの地域における生産と供給のあり方を考えます。
地域政策コース

政策で地域を動かす!

行政、企業、市民など、地域社会を構成する多様な主体が連携して課題の解決に取り組み、地域に新たな魅力を生み出すことが求められています。このコースでは、仕事などを通じてどのような価値を生み出すかを考える「経済」と、さまざまな解決手法について検討を行う「政策」とを学びの2つの柱として、フィールドワークや自治体とのワークショップ、政策コンテストへの参加など実践的な地域活動を行い、我々自身が持続可能な地域社会の創出に向けて何ができるのかを探求します。
観光コース

観光は地域活性化への「パスポート」!!

観光で地域を活性化する方策を「観光まちづくり」といいます。観光というと、リゾートに大人数が訪れるようなマスツーリズムを想像するかもしれません。しかし今日では、地域の資源を活かした新しいタイプの観光が数多く登場しています。観光には、旅行者(ゲスト)と地域の人々(ホスト)をつなぎ、文化・産業・自然などの地域資源を次世代に継承していける力があります。みなさんのアイデアで観光による地域活性化を実現しましょう。
地域デザインコース

カタチを変えることで解決できる問題がある。

少子高齢化や相次ぐ災害など、世界には多くの難問があります。これらをDesignで解決することはできるでしょうか。周りを見渡すと、私たちはカタチあるものに囲まれて生きています。その多くはいつか誰かがDesignしたもの。世界はDesignでできています。ならばきっと、Designで世界を変えることができる。地域の問題を直視し、理解し、そしてこの世界を構築するさまざまなカタチを通じて希望へと変換すること、それがこのコースのミッションです。