EN / CN

追手門学院創立130周年記念式典まであと XX

ホーム>研究>研究所>北摂総合研究所

北摂総合研究所

北摂総合研究所の概要

研究と社会連携の2本柱で展開

北摂総合研究所は地域文化創造機構の後継組織として2016年4月に開設されました。研究を中核として教育、地域連携、産官学連携への発展を目指す組織です。
研究所のカバー範囲は北摂です。古くから摂津の国は今の大阪市を含む大阪府北部と兵庫県東南部に広がっていました。私たちは狭義の北摂ではなく兵庫県東南部まで対象地域を広げて、研究・社会連携の網を張れないかと考えます。

研究については北摂の「観光」「産業」「文化」「環境(自然)」などをテーマとして取り組んでいます。2015年に追手門学院大学は国立民族学博物館と学術交流協定を結んでいます。これに基づいて地域文化の継承と創造に関する学術研究を進めていきます。
地域文化創造機構では「北摂学プロジェクト」として各自の研究テーマを深化してきました。北摂総合研究所でもこれを受け継いでさらに発展させることを考えています。

追手門学院大学と北おおさか信用金庫は2016年3月に連携協定を締結しました。北摂総合研究所の社会連携の柱になります。
また、茨木市文化振興財団と地域文化創造機構は新作狂言「茨木童子」を練り上げ、年1回の公演を続けてきました。この公演前に鬼の仮装で商店街などを練り歩く「お練り」が2016年秋に実施されました。こういった地域・文化との社会連携については今後も検討・実施していく予定です。

北摂総合研究所は、研究社会連携の分野で人と人、組織と組織をつなぐ役割を果たしていきたいと考えます。

お問合せ

〒567-8502 茨木市西安威2-1-15 追手門学院大学 北摂総合研究所
TEL:072-665-5269
E-mail: hsk@otemon.ac. jp

研究所の事業

北摂総合研究所の事業内容について

スタッフ紹介

北摂総合研究所のスタッフ紹介