真銅 正宏

Pick UP コメンテーター

PickUpコメンテータートップ

日本近現代文学

国際教養学部

真銅 正宏 SHINDO Masahiro

専門分野 日本文学
所属 国際教養学部 国際日本学科
職名 教授
学位 博士(文学)
研究キーワード 日本近現代文学

主に明治時代から現代にいたる文学作品の研究を、周辺分野との関係から研究しています。作品の中に登場する音楽や匂い、手触り、味などの研究は、趣味である食べ歩き、ロックバンドやテニスなどと、関わっているかもしれません。幼い頃は小説家になりたかったので、小説の書き方の研究や、ベストセラーの研究もしています。一番の趣味は旅行ですが、明治以降の日本人が見た、パリ、ベルリン、ロンドン、上海、イタリア各都市などの印象を書き留めた紀行文の研究も行っています。大阪出身なので、最近は大阪らしさについての研究も進めています。

教員データベース

検索キーワード 日本文学、小説、日本文化、文芸、文学理論、食通小説、紀行文、旅行記、大阪、ベストセラー、永井荷風、偶然論

PickUpコメンテータートップ

著書紹介(単著)

触感の文学史

(勉誠出版) 

2016/04

偶然の日本文学

(勉誠出版)

2014/09

近代旅行記の中のイタリア(学術出版会)

2011/12

永井荷風・ジャンルの彩り(世界思想社)

2010/01

食通小説の記号学

(双文社出版) 

2007/11

小説の方法-ポストモダン文学講義-(萌書房)2007/04

ベストセラーのゆくえ-明治大正の流行小説-(翰林書房)2000/02

永井荷風・音楽の流れる空間(世界思想社)1997/03

     

著書紹介(共著)

小林天眠と関西文壇の形成(和泉書院)

2003/03

言語都市・パリ 1862-1945(藤原書店)

2002/03

言語都市・上海 1840-1945(藤原書店)1999/09

     

著書紹介(編集)

ふるさと文学さんぽ京都(大和書房) 

2012/11

コレクション・モダニズム都市文化 第20巻 大阪のモダニズム(ゆまに書房)2006/05

主なメディア掲載・出演

NHK教育テレビ
2007年12月27日(21:50~22:00)放送
「視点・論点」に出演。番組テーマは「食通小説の記号学」。
読売新聞(夕刊)
2003年8月25日
「『歴史のかたち』晶子の歌屏風をみる」の記事に著書の紹介とともに意見が紹介。
日本経済新聞
2001年7月22日号
書評欄にて、宮本輝著『森のなかの海(上・下)』の書評が掲載。
日本経済新聞
2000年11月12日
書評欄にて、宮本輝著『睡蓮の長いまどろみ(上・下)』の書評が掲載。
日本経済新聞
2000年5月7日
読書欄の著者紹介欄である「あとがきのあと」における、『ベストセラーのゆくえ』著者としてのインタビュー記事が掲載。
京都新聞
1997年1月22日
「想眼鏡」欄において、当時の荷風ブームについての概説が掲載。
(同様の記事が計3回ある)

取材に関するお問合せ先

追手門学院 広報課
〒567-0008 大阪府茨木市西安威2-1-15
TEL:072-641-9590 FAX:072-641-9645
E-mail: koho@otemon.ac.jp