ホーム>新着情報>重要なお知らせ>【重要・学生の皆さんへ】新型コロナウイルス対応まとめ(10月1日更新)
【重要・学生の皆さんへ】新型コロナウイルス対応まとめ(10月1日更新)
更新日時:2021年10月1日

本学の対応について、以下の通りまとめています。

1.キャンパスへの入構について

両キャンパスともに、以下の「キャンパスに入構できる者」に限って入構が可能です。学内に入構する際は、必ず定められた場所で検温を行い、マスクを着用して入構してください。

■ キャンパスに入構できる者 ■
① 大学が許可した対面授業・イベント・課外活動等に参加する本学学生・院生
② 図書館のみを利用する本学学生・院生
③ 各部署と個別相談等のために登校する本学学生・院生
④ キャンパス内で行われるイベントなどへの事前申し込みのある参加者(一般の方)

上記の4点に加え、以下に添付する「入構に際しての条件」を満たすもの

入構に際しての条件

 

2.授業について

秋学期の授業については、感染防止対策を徹底しながら対面授業とオンライン授業を併用して実施します。
今後も、新型コロナ感染状況の推移をみながら、授業形態の変更が発生する可能性があります。在学生の皆さんは常にキャンパススクエアにて最新の情報を確認するようにしてください。

 


3.課外活動について

<クラブ・サークル活動>
公式戦もしくは、それに準ずる活動がある場合に限り、許可制で活動を認めます。詳細は学生支援課の指示に従ってください。
 
<その他の課外活動>
事前に承認を受けた活動については、活動が可能です。学長室からの指示に従い、感染防止対策を徹底しながら活動を行ってください。
 
   

4.食堂の利用について

1 .に記載の「キャンパスに入構できる者」および教職員などの学内関係者に限り利用可能です。感染防止策を徹底し、利用に関する注意事項に従って利用してください。


 

5.スクールバスの運行について

乗車率を下げて運行をしています。1 .に記載の「キャンパスに入構できる者」および教職員などの学内関係者に限り利用可能です。利用にあたっては乗車時の注意事項を確認ください。

 


6.具合が悪くなった場合

 発熱や咳などの症状がでたり、少しでも不安を感じることがあれば、コロナ対策ヘルプデスク(072-665-5847)や担当教員までご連絡ください。

■発熱や風邪の症状、強い倦怠感、味覚・嗅覚障害など具体的に症状がでた場合■
<自宅や外出先などキャンパス外>

 外出を控え、保健所やかかりつけ医、地域の相談窓口等にご相談ください。まず大学に相談して頂いても構いません。
 また、陽性と診断された場合は、自身と周囲の安全に最大限配慮して頂き、速やかにコロナ対策ヘルプデスクもしくは担当教員までご連絡ください。
  
<キャンパス内>
 各活動の管理者に連絡し、指示を仰いでください。
 
咳や熱などの症状がある場合は、無理をせず自宅で療養してください。不安なことがあればコロナ対策ヘルプデスクや担当教員までご連絡ください。

 

7.各種問い合わせ先

 (1)授業のことで相談がしたい
  ・経済学部:  072-641-9616
  ・経営学部:  072-641-9617
  ・地域創造学部:072-697-8150
  ・社会学部:  072-641-9153
  ・心理学部:  072-641-9618
  ・国際教養学部:072-697-8150
 
(2)クラブ・サークル活動に関するお問い合わせ
   学生支援課:072-641-9636
 
(3)奨学金や学費のことで相談したい
   [奨学金]学生支援課:072-641-9629
   [学費] 財務課:072-641-9611

(4)就職活動について相談がしたい
   就職・キャリア支援課:072-641-9632

(5)学習支援・インターンシップについて相談がしたい
   キャリアアクションコモンズ:072-665-5271

(6)留学や国際交流について相談したい
   国際交流教育課:072-641-9631

(7)図書館の利用について相談がしたい
   総持寺キャンパス:072-697-8165
   安威キャンパス:072-641-9638
   

(8
)PCの貸出等に関する問い合わせ
   情報メディア課:072-641-9635

  

   

学生の皆さんに必ず守っていただきたいこと

 感染の拡大がみられ、日々の生活の中で感染リスクが高まっています。
学内での大規模なクラスターが発生すると、正課・課外を問わず、学生の皆さんの活動を制限せざるを得ない状況となってしまいます。こうした状況を踏まえ、学生の皆さんの安全を守りながら、授業やその他諸活動を継続する為にも、改めて、下記について徹底をお願いします。

■マスク着用の徹底

 新型コロナウィルスの感染者が拡大している現状において、もはや感染者は必ず周りにいるということが前提であり、さらには10〜20代の若者世代に関しては、水際4要件に掲げる諸症状が発現しない「無症状者」が極めて多いという事実も明らかになってきました。水際 4 要件の確認の重要性は変わりませんが、無症状者が多いという事実から、マスクの着用を徹底し、飛沫の拡散を徹底的に防止することが最も重要な取り組みとなります。


■水際4要件の順守

 下記4つの症状に当てはまる場合には、絶対に大学に来ないでください。
授業の出席や試験については個別に配慮を行いますので、コロナ対策ヘルプデスクに連絡してください。
① 登校日当日の朝 37.5 度以上の熱がある。
② 咳や鼻水、頭や喉の痛みなどといった風邪症状がある。
③ 息苦しさ(呼吸困難)が続く。
④ 強い倦怠感や味覚障害・嗅覚障害がある。


■コロナ対策ヘルプデスクへの連絡や相談

 自身の体調だけではなく、同居者が新型コロナウィルスの感染疑い(上記4要件の症状がある状態)や濃厚接触者となった場合なども必ずコロナ対策ヘルプデスクに連絡してください。
 万が一、同居者が新型コロナウィルス陽性者となると、学生の皆さん自身が濃厚接触者と指定される可能性が非常に高いです。
 同居者の体調にも留意し、不安や懸念点があれば、積極的にコロナ対策ヘルプデスクに相談してください。


学生の皆さんに注意していただきたいこと

■感染リスクが高まる場面を避ける

 新型コロナウイルス感染症対策分科会による、これまでのクラスター分析で得られた知見から、感染リスクが高まる「5つの場面」が提示されています。
 日々の生活の中で感染リスクの高い行動を避けるようにお願いします。

▼感染リスクの高まる「5つの場面」詳細
https://corona.go.jp/proposal/