「クリーン・キャンパス宣言~完全禁煙化を進めます~」
掲載日時:2018年9月14日
  

追手門学院大学はクリーンなキャンパスを目指します。

 

喫煙はがん、脳卒中、呼吸器疾患、糖尿病などの生活習慣病の原因になるとともに、周囲の人に受動喫煙による健康被害をもたらします。そのため世界各国で、喫煙に対して厳しい規制を課しています。日本でも2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、公共の喫煙場所に関する規制が強化されています。
 
追手門学院大学は、喫煙者を含めた教職員、学生の疾病予防の見地から、2019年開設の総持寺キャンパス内を全面禁煙とし、快適な教育研究環境を整備することにしました。同様に安威キャンパスにおいても2020年1月から全面禁煙とします。在学中の留学だけでなく、卒業後、国際社会の喫煙規制化の中においても活躍できる追大生を育成すること、また、在学中から喫煙習慣ができないクリーンなキャンパス環境を整えることは、本学の重要な責務と考えています。

 
つきましては、本学の「禁煙宣言」を十分理解していただき、自身および周囲の健康に配慮し、学内およびキャンパス周辺等の地域において喫煙しないことを誓約していただきますよう、お願いいたします。

 

 

▼2019年以降入学者の皆様へ
2019年4月以降の入学者の皆様には禁煙を誓約していただきます。webでの入学手続き時に必ず禁煙をご誓約ください。