ホーム>新着情報>ニュース>【重要】新型コロナウィルス感染拡大に伴う対応(2月20日更新)
【重要】新型コロナウィルス感染拡大に伴う対応(2月20日更新)
掲載日時:2020年2月20日

<感染予防に関する注意喚起>
中国の武漢市を中心に国内外で新型コロナウィルスの感染が拡大し、日本国内での感染も確認されており、風邪インフルエンザも流行時に入っています。感染予防として手洗い(帰宅時や食事前等)・うがいを徹底し、咳やくしゃみ、発熱等の症状がある場合は、速やかに医療機関で診察を受けると共に、万が一、新型コロナウィルスの感染が確認された場合には、学生支援課(072-641-9627:平日9:10~17:00 土日祝日除く)へご連絡ください。
 
<海外渡航に関する注意喚起>
追手門学院大学は春期休暇を利用しての教員、学生の海外渡航が増える今の時期に感染が拡大してきていることを重大視して、以下の対応を教員、学生の皆様に要請しています。
今後さらに感染が広がる可能性がありますので、各自最新情報を確認のうえ慎重に行動してください。
お互いの健康、生命を守るための対応ですので何卒ご協力のほどよろしくお願いします。
 
▼教員の皆様へ
新型肺炎の流行が収まるまで中国への渡航は当分の間、お控えください。研究や学会参加のためやむを得ず渡航される場合は、人込みを避け、マスクを着用し、外出から帰った際はうがい、手洗いを励行するようにお願いします。
新型肺炎のウィルス潜伏期間は当初の7日間から現在は14日間とされています。やむを得ず渡航された場合は帰国後14日間は登校を停止されるようお願いします。
 
▼学生の皆様へ
中国へ渡航を予定している方は、状況によっては国や地域の対応が急に変更されることもありますので、当面不要不急の渡航は控えてください。現地の機関や外務省、厚生労働省等のホームページの情報を確認するとともに、安全確保を第一に考えてください。
また、海外から帰国された方は、数週間は健康状態に注意し、体調不良時は滞在歴を申告のうえ医療機関を受診し、国際交流教育課(072-697-8162:平日9:10~17:00 土日祝日除く)へご連絡ください。
 
なお、今後、春期休暇中に海外渡航を予定している方で、キャンパススクエアに1/30付けで掲載しています、“重要なお知らせ:新型コロナウイルス感染症の発生について”に対し、まだ回答をいただいていない方は、以下の回答項目を国際交流教育課(以下宛先参照)まで、渡航前にご連絡をいただくようお願いします。
 
【回答事項】
・渡航者氏名
・学籍番号
・渡航先(国・都市)
・渡航期間(日本出発日~日本帰国日)
 
【対象者】
 外国人留学生を除く全学部・学年の学部生及び大学院生
 ※本学主催の留学プログラムに参加予定の学生は回答不要
 
【回答宛先】
otemon-cis@ml.ccile.otemon.ac.jp 国際交流教育課 宛
 
<情報確認先>
新型コロナウイルス感染症に備えて(首相官邸)
 
新型コロナウイルス関連肺炎(厚生労働省)
 
外務省海外安全ホームページ
 
国立感染症研究所ホームページ

お問合せ先部署 国際交流教育課 TEL :072-641-9185
(平日9:10~17:00 土日祝日除く)
学生支援課 TEL:072-641-9627
(平日9:10~17:00 土日祝日除く)