追手門学院創立130周年記念式典まであと XX日 創立130周年記念式典のお申し込みはこちら

ホーム>新着情報>メディア>台湾協会報 6月15日「折り返し点を迎えた 蔡英文政権」
台湾協会報 6月15日「折り返し点を迎えた 蔡英文政権」
掲載日時:2018年6月22日

追手門学院大学の近藤伸二教授(経済学部)の「最近の台湾情勢について」の連載記事。今月は、蔡英文政権が任期4年の折り返しを迎えたのを機にこれまでの蔡政権の政策や動きについて解説しています。