就職支援

留学生対象特別キャリアプログラム

2018年度より本格始動!

 追手門学院大学では、2018年度から「留学生対象特別キャリアプログラム」を本格稼動し、外国人留学生の就職活動を支援します。

このプログラムでは、1、2年次の日本語授業や日本事情の授業に加えて、就職・キャリア支援課と共同で「留学生キャリア形成演習ゼミ」を以下の内容で開講し、日本人学生と対等に就職活動ができるよう支援します。

  • 日本企業について学ぶ
  • 日本で働く目的を明確化する
  • 日本での就職活動に必要なスキルを身につける 等

 また、日本での就職活動に必要な日本語能力を早期から修得するために、2年生以降を対象に「日本語能力上級(N1受験対策)」を併せて開講します。


留学生キャリア形成ゼミ 日本語能力上級(N1受験対策) 日本事情 インターンシップ

日本語能力上級(N1受験対策)

日本での就職や、日系企業での就職を目指す場合、多くの企業で日本語能力試験「N1」の資格が条件とされています。この講座では、日本語能力試験でN1を取得するためのコツやポイントを明確に指導し、個別の弱点に関するアドバイスを行います。
同じ志を持つ者が集まり切磋琢磨することで、日ごろの勉強の成果が上がることが期待できます。N1を取得した学部生に対して検定料および奨励金を支給して、経済的な支援も行っています。

日本事情

日本の風土、生活文化、芸能、歴史、サービス、就職活動など日本に関する様々な分野の知識を得ることで、異文化としての日本を理解します。異文化としての日本を理解することにより、自国をより深く理解するということが目的です。日本事情3、4では日本での就職活動に着目し、日本人と対等にコミュニケーションを取れるよう、日本語の口頭表現や対話力の養成も目指します。

インターンシップ

早い時期から実社会を肌で感じることで、大学生活をより一層有意義なものにするために、追手門学院大学では、1、2年次からの参加を推奨しています。留学生専用インターンシップも展開しています。

留学生キャリア形成ゼミ

留学生キャリア形成ゼミは、正規授業時間の中で、経営学部の教員、就職・キャリア支援課が担当し、日本で就職活動を行う際に必要な日本企業の特徴、就職のノウハウ、日本独自の人事選考プロセスなどを学びます。
多くの日本の企業では採用活動をする際、外国人留学生の応募者でも日本人学生の応募者と同様の選考プロセスで選抜しています。 採用活動では面接が重視されることが多く、高度な日本語運用能力は勿論、雇用慣行、働き方、チームワークなど日本の企業文化について理解しておく必要があります。 日本企業を取り巻く文化、慣習について正課授業を通じて体系的に学ぶことで、自信を持って就職活動に取り組むことができるように指導を行います。

授業内容
日本の企業制度と仕事、インターンシップ参加への推進など