学友会追風

追手門学院大学 学友会 追風

2017年12月に、これまでのクラブを中心とした自治組織である学友会を廃止し、新たな組織「学友会追風(おいかぜ)」を設立しました。学友会追風は追手門学院大学の全学生が会員となります。学友会追風は「学部クラス連合」、「クラブサークル連合」、「将軍山祭プロジェクトグループ」と教職員で構成されています。

会長あいさつ

 追手門学院大学には、他大学に例のない「学友会追風」という組織があります。学友会追風は、学生が教職員とともに大学の発展のために活動する組織です。学生と教職員がこれほどまでに密接に関わり、活動する組織は追手門学院大学が唯一といっても過言ではありません。みなさんはその組織の一員として、大いに勉学や課外活動に励むことで、「自分史上、想像以上!」の学生生活を実現できることでしょう。
 大学での皆さんの活躍を期待しています!

学友会追風  初代会長/学長  川原 俊明

委員長あいさつ

 私は、追手門学院大学学友会追風 初代委員長の大西 惇です。私達学友会追風運営委員会のメンバーは、大学をよりよくするために日々活動しています。皆さんは今、大学生活に向けての期待や不安を感じていると思います。私達はそんな皆さんが素晴らしい大学生活を送れるよう、全力でサポートしていきます。
 また、私達と一緒に活動する運営委員会のメンバーも大募集しています。学生のために活動したい、大学生活を充実させたい、一緒に活動する仲間がほしいなどの想いがある方はぜひ学生会館1階の「追風運営委員会室」にお越しください!

学友会追風  初代委員長/心理学部心理学科  大西 惇

基本方針

学友会追風の基本方針は以下の通りです。    

 1.全教職員が学生一人ひとりを見守り育てる

 2.学生が学生を教え互いに成長する

 3.主体性のある(独立自彊)学生を育てる

組織図

総会

学友会追風では、運営に関することを議論し、決定するために、年4回「学友会追風総会」を開催します。総会では学友会追風の会長である学長、全学生の代表である学友会追風委員長のほか、教職員委員、学部クラス連合・クラブサークル連合・将軍山祭プロジェクトグループの代表者が出席します。

学友会追風運営委員会

運営委員会は、学友会追風に関する事項について企画運営を行います。委員長、副委員長をはじめとする学生達が、教職員とともに学生生活の充実ひいては大学の発展のために日々活動しています。

学部クラス連合

学部クラス連合は、クラス(ゼミ)活動の大学内外での活性化を図ること、学友会追風に対してクラス(ゼミ)の意見を反映させることなどを目的としています。各学科の全クラス(ゼミ)から「クラス代表」を選出し、その中から学年ごとに「クラス学年代表」を選出します。3年生の「クラス学年代表」は「クラス学年代表統括」として学科の代表となり、学友会追風運営の中枢を担うこととなります。

クラブサークル連合

クラブサークル連合は、クラブ、サークルなどの課外活動を行う学生が所属します。クラブサークル連合には「トップアスリートグループ」、「アスリートグループ」、「文化グループ」、「応援団」、「サークルグループ」、「プランニンググループ」の6グループがあり、それぞれのグループにはクラブやサークルが所属しています。

クラブ・サークルの詳細はこちら

将軍山祭プロジェクトグループ

将軍山祭は、追手門学院大学の大学祭のことです。将軍山祭は2017年度から、これまでの学生を中心とした「学園祭」から、学生と教職員が一体となり大学全体で盛り上がる「大学祭」に生まれ変わりました。将軍山祭プロジェクトグループの学生は、将軍山祭の企画運営の中心として日々活動しています。将軍山祭の期間中は大学全体がお祭りムード一色となり、模擬店やクラブの発表のほか、ゼミの研究発表などで大いに盛り上がります。

将軍山祭の詳細はこちら

学友会追風Q&A

追風って、何するの?
学友会追風は、学生のため、大学のためになることなら、何でもやります!どんどん新しいことをやってみよう!
追風って、どういう意味?
学生のみなさんが「追い風」に乗って大きくはばたいてほしいという気持ちが込められています。もちろん「追」は「追手門」!
この大学を変えてみたい!追風に参加したくなったら、どこに行けばいいの?
安威キャンパス学生会館1Fの「追風運営委員会」に、いつでも来てください!あなたの参加が、明日の追大を変えるかもしれません。運営委員会でなくても、チームのスタッフとして参加してもらえる学生さん大歓迎です!