EN / CN

追手門学院創立130周年記念式典まであと XX

新キャンパス計画

新キャンパス計画

追手門学院創立130周年記念事業の一環として、茨木市東部において進んでいる「茨木スマートコミュニティプロジェクト」に参画し、一大文教地域の創造を目指して追手門学院の新キャンパスを整備します。

新キャンパスには追手門学院中・高等学校の全機能の移転と、追手門学院大学は一部機能を移転し現キャンパスとの2キャンパス体制となります。

新キャンパス地は2018年春開業予定のJR総持寺駅から徒歩圏内(徒歩約10分)にあり、現キャンパスからも約2キロしか離れていません。2つのキャンパスを連携させ新たな教育展開に取り組み、利便性ある立地を生かしてスマートコミュニティ外からも人を呼び込み、多様性のある教育・研究の実践の場としての地域創造にも取り組みます。

新キャンパス地の概要

住所 大阪府茨木市太田東芝町の一部
面積 64,400㎡
活用予定 追手門学院大学の2キャンパス化による機能拡充
【移転予定学部】地域創造学部と国際教養学部、その他学部の1年生の移転を計画中
追手門学院中・高等学校の全機能の移転
開設目標 2019年4月開設を目標