薬物乱用防止講演会を開催
掲載日時:2018年12月4日

11月6日(火)に本学の学生2名が大麻取締法違反(所持)の容疑で逮捕されたことを受け、12月3日(月)に大阪府警本部 刑事部薬物対策課の白川寿弘様を講師に迎え、薬物乱用防止講演会を開催いたしました。
 

体育系クラブの学生を中心に300名超の学生が参加し、実際に捜査で体験された実例を基にした話に熱心に耳を傾けました。

 

講演会では、禁止薬物の種類や身体への影響、さらには軽い気持ちで手を出してしまったものが家族間の問題や犯罪行為へと発展していくという薬物の恐ろしさが紹介されました。

 

また、近年はインターネット等での密売が増え、大学生をはじめとした若年層が大麻に関わる犯罪で逮捕される数が増えていること、多くの若者が大麻は身体への害が少ないという間違った認識を持ってしまっていることなどが紹介され、違法薬物が遠い世界のものでない事を意識させられました。