ホーム>新着情報>プレスリリース>【追手門学院No.39】日本のリノベーション建築の先駆者が語る これからの現代建築の在り方

プレスリリース No.39
(OTEMONVIEW No.62)

2022年11月21日配信

ニュースを教育・研究の視点から発信するOTEMON VIEW

日本のリノベーション建築の先駆者が語る
これからの現代建築の在り方

 
 

大学公式 HP 特設サイトOTEMON VIEWから【No.39】の配信です。

 

●今回のテーマは「空き家とリノベーション」
 

 少子高齢化や人口減少といった問題に直面する中、日本ではおよそ7戸に1戸が空き家という状態で、その維持管理が問題となることも少なくありません。
 日本でリノベーションという言葉が使われ出す前の1999年にリノベーション作品を発表していた現代建築家の納谷 新教授(追大文学部美学・建築文化専攻)に、これからの日本における建築の在り方やリノベーションの可能性について聞きました。


【記事URL】

https://newsmedia.otemon.ac.jp/2662

記事イメージ

【ポイント】

近年注目を集めるリノベーション物件
〇高まるリノベーション人気と、根強い「新築信仰」
〇「古い家は建て替えて当然」という常識に投じた一石


建築家・納谷新が手掛けてきたリノベーション建築の魅力に迫る
〇広がる屋根――住まいを見つめ直し、豊かな暮らしを描ける家に(2019年・神奈川県横浜市)
〇12SHINJUKU3CHOME――ワーク&ライフが融合するシェアオフィス(2021年・東京都新宿区)


ソフト面から考える建築。リノベーションは空き家問題の特効薬となるか?
〇減築という決断の背景にあるのは、「引き算」の美学

●OTEMON VIEWとは

学校法人追手門学院は大学公式HPに特設サイト「OTEMON VIEW」 を開設しています。

https://newsmedia.otemon.ac.jp/

「ニュースの面白さは、見方次第。」をコンセプトに、日々移り変わる世の中の出来事を、追手門学院大学の教員らが教育・研究成果など専門的知見に基づいて読み解きます。

▼本件に関する問い合わせ先

追手門学院大学 広報課 谷ノ内 仲西

TEL072-641-9590

メールアドレス:koho@otemon.ac.jp