追手門学院創立130周年記念式典まであと XX日 創立130周年記念式典のお申し込みはこちら

ホーム>新着情報>プレスリリース>【追手門学院No.20】阪神・淡路大震災の報道の記録を「リーディング」上演
【追手門学院No.20】阪神・淡路大震災の報道の記録を「リーディング」上演
掲載日時:2018年7月4日

 追手門学院大学(大阪府茨木市、学長:川原俊明)で演劇などの身体表現による現代アートを専門としている富田大介社会学部准教授とそのゼミ生が、7月7日に神戸大学で開かれる表象文化論学会に参加し、 阪神・淡路大震災の報道の記録をテーマにした劇を、テキストを持ちながら演じる「リーディング」という形式で披露します。


詳細は添付資料をご参照ください。

お問合せ先部署 広報課
TEL :072-641-9590