3月14日 日経新聞 「宮本輝「花の降る午後」 神戸市、700。」
掲載日時:2020年3月16日

本学卒業宮本輝氏の長編小説「花の降る午後」の舞台が異国情緒あふれる神戸市北野町となっており、小説に登場する街並みについて解説された記事が掲載されました。