保健室の業務

健康管理

保健室では、常に皆さんの健康と有意義な学生生活を願い業務を行っています。疾病や障がいをお持ちの方に対しても、大学生活を行う上で、必要な援助や配慮をさせていただきます。遠慮なく申し出てください。
たとえば…

  • 検査や治療やリハビリなどによる通院や入院が定期的に必要で、学校を休む必要がある
  • 保健室で点眼薬や治療薬、治療食を保管する必要がある
  • 保健室にて安静や休養を取る必要がある
  • 緊急時に急ぐような処置がある
  • 体育や課外授業でできないことがある
  • 保健室で定期的に脈拍や血圧、検尿等の経過観察の必要がある
  • 食事指導や生活指導が必要である
  • 緊急事態が発生したときは主治医に連絡をする必要がある
  • 障がいや病気の状態に合わせた保健指導や相談を希望している
  • 病気というほどではないが、眠れなくなったり、不安な感じがしたり、どきどきすることがある
  • 病気というわけではないが、何か保健室で知っておいて欲しいことがある

                                         など

応急処置

急病やけがの応急処置を行っています。保健室に来ることが困難な場合は、必ず周囲の人に保健室への連絡を依頼してください。その場に職員が向かいます。

健康相談

保健室では、随時健康相談を受け付けています。病気や身体的な悩みの相談はもちろん、保健衛生の知識や栄養に関することまで、専門的なことから素朴な疑問に至るまで、どんなことでも遠慮なく相談に来てください。電話でもメールでも相談に応じます。

ケガや病気、障がいをお持ちの方へ

身体に障がいがある、不慮の事故等による負傷や病気で通院をしている方で、学校生活において困っていることがあれば、一度保健室へ相談にきてください。状況に応じて必要な支援を行います。
配慮を希望される場合は、診断書や障がいに関する手帳のコピーを提出していただくことがあります。