AED(自動体外式除細動器)

AED(自動体外式除細動器)は突然の心停止(心臓突然死)から命を救うための装置で、痙攣を起こした心臓に電気ショックを与え、正常な状態に戻します。これまで医師や救急救命士に限られていたAEDの使用が、現場に居合わせた一般市民も使用が認められるようになったことから、本学でもAEDを設置することとなりました。

追手門学院大学に設置しているAED

AEDケースに付属レスキューセット一覧

AEDケースの中には、AED本体の他に、ハサミ、吸水用不織布、CRPマスク、剃刀、使い捨て手袋などが入っています。AEDの使用にあたり、体毛や水分、身につけている金属類の除去、心肺蘇生法(心臓マッサージ、人工呼吸)に使用して下さい。

AEDケースに付属レスキューセット一覧

AED操作方法の3ステップ

電気ショックが必要な、いわゆる心臓麻痺を器機自体が判断し、人がボタンを押すことで電気ショックを与えます。
使用方法は簡単で、すべて AED の音声に従って行ってください。

患者に呼吸がないことが確認されたら

操作方法【1】

AEDのふたを開けます。(ふたを開けると、電源が自動的に入ります。)

操作方法【2】

音声ガイダンスに従い、AEDのフタから四角い袋を取り出し、袋を破いて、パッドを取り出します。2つの電極パッドをシートからはがして装着部位(右胸と左脇腹)に貼り、体から離れます。するとAEDが心電図を調べ、電気ショックが必要かを自動的に判断してくれます。

操作方法【3】

電気ショックの指示があった場合は、周囲にいる人に離れるように指示した後、ショックボタンを押します。

※セコムホームページより一部転載

あなたにもできる!救急救命処置

AEDを用いた応急手当を行う講習会

本学保健室では、緊急時により多くの人が対応できるよう、教職員及び学生の要望に応じて、保健室職員がAEDを用いた応急手当を行う講習会を開催しています。最近、毎日のようにいろんなところで土砂災害や交通事故などの様々な事故が発生し、多くの尊い生命が失われています。私たちも、家庭、学校、職場、レジャーの場など、いつ・どこで・どんな事故に遭遇するか分かりません。しかし、こうした災害の多くは、もし適切な応急処置が施されていたら、大事に至らなかったであろうと思われるものも少なくありません。保健室では、今後も教職員及び学生への講習会の開催を続けていきますので、多数の方の講習会開催のご依頼及び参加をお待ちしています。

貸出用AED及び心配蘇生法の練習用機材の管理と貸し出し

追手門学院大学の職員・学生に貸し出します。申込みは保健室まで。

安威キャンパスのAED設置場所

安威キャンパスのAED設置場所
1号館1F 中央棟2F 学生会館1F 将軍山会館事務室
2号館1F 研究棟1F 学友会センター1F 地域支援心理研究センター
3号館1F 図書館2F 第2学友会センター4F トレーニングセンター2F
4号館4F 食堂1F 第1グラウンド救援室 保健室
5号館 B1F 体育館1F 第2グラウンド側男子トイレ 正門守衛室
6号館 B1F

総持寺のAED設置場所


総持寺キャンパスのAED設置場所
1F 2F 3F 4F
5F 食堂棟 保健室