学校感染症に羅患した場合の手続き

学校保健安全法施行規則に定められた「学校感染症」に罹った場合、感染拡大を防ぐため出席停止期間の基準が定められており、登校が禁止されます。この期間は、欠席扱いにはなりません(別表参照)。
また、学外であっても実習や学校行事、課外活動等への参加も禁止です。
医師にこれらの学校感染症と診断された場合は、大学に登校せず下記のように行動してください。
手続きに必要な登校許可書または診断書の費用は自己負担です。

手続きの流れ

登校許可書について

郵送・FAX希望の場合

保健室へ以下の内容を記載してメール( kokoro-karada@office.otemon.ac.jp
学籍番号・氏名・診断名・郵送希望かFAX希望を明記の上、郵送希望の住所またはFAX番号をお知らせください。

本ページよりダウンロード

初診日、登校禁止期間[加療・自宅療養に必要な期間]及び登校許可日が記載されていれば医療機関発行の様式でも、診断書でも可。