スタッフ紹介

E-COトップ

Katherine Thornton
(キャサリン・ソーントン)

基盤教育機構 准教授
E-CO プログラムディレクター  (Program Director)

キャサリン・ソーントンと申します。イギリスのリーズ出身で2001年にJet ProgramのALT(外国語指導補助)として来日しました。今までに鳥取、九州、千葉、そして現在は大阪に住んでいます。小学生から大学生、そして社会人に英語を教える経験は15年以上あります。2008年にイギリスのリーズ大学よりMA.TESOL (修士号)を 取得し神田外語大学SALC (Self-Access Learning Centre: 自律学習支援センター)で ラーニングアドバイザーとして勤めました。2013年4月に追手門学院大学にラーニングアドバイザーとして着任しました。アウトドアが好きで、休みの時はできるだけ山や海に出かけています。 ラーニングアドバイザーとして、皆さんにあった英語の学習方法を見つけるお手伝いをします。一緒に語学の勉強方法について話しましょう。

E-CO プログラムディレクターの写真

上田 亜矢子

アシスタント・マネジャー  (Assistant Manager)

こんにちは。大阪府茨木市出身で、オーストラリア・メルボルンにワーキングホリデーで1年滞在後、現地で5年間仕事をしていました。趣味は映画鑑賞・旅行で、コーヒーに目がありません。質問がある方もない方も、みなさん気軽に声をかけてくださいね。一緒に英語を楽しみましょう!

アシスタント・マネジャーの写真

Kris Romanoff
(クリス・ロマノフ)

E-COの先生

クリス・ロマノフと申します。ニュージーランドのクライストチャーチ出身で、日本に11年間住んでいます。音楽鑑賞・読書・映画鑑賞が趣味です。E-COでみなさんにお会いできるのを楽しみにしています!

E-CO-to (学生ボランティアグループ)

常勤のスタッフに加えE-COでは、E-CO-to(いいこと)という学生ボランティアグループも活躍しています。
カウンターの手伝いやE-COイベント(ハローウイーンパーティなど)を行います。学年学部問わず仲良くE-COを盛り上げてくれるE-COの貴重なメンバーです。ネイティブの先生やアドバイザーと英語で話すのが緊張するなら、まずは学生スタッフと話してみませんか。

メンバーは年に数回募集するので、興味のある学生はE-COツイッターやポスターなどで募集のお知らせをご確認ください。

E-CO-to (学生ボランティアグループ)

会話ファシリテーター

海外からの留学生や留学経験者の日本人学生が、イージーチャットの会話セッションを担当します。先輩や友達と一緒に気軽に英会話ができます。

会話ファシリテーター