ホーム>新着情報>ニュース>【OTEMON VIEW】新着記事を掲載しました。
【OTEMON VIEW】新着記事を掲載しました。
掲載日時:2021年10月13日


OTEMON VIEWに新着記事を掲載しました。



●今回のテーマは「大阪の観光戦略」



 不要不急の外出自粛や県境をまたぐ移動の制限、飲食店への時短要請が続き、大きな打撃を受けた観光業。第6波への備えなど刻々と状況が変わるなかで、今後の大阪の観光産業はどうなるのか。


 そして、2025年の大阪・関西万博、さらにIR(統合型リゾート)は、苦しむ大阪の観光産業を立て直す起爆剤となるのか。


 大阪観光局の理事長である追手門学院大学の溝畑宏客員教授に大阪の観光産業の現状や将来のビジョンを聞きました。


▼2021/10/13 大阪観光局理事長 溝畑宏 客員教授
万博、IR、インバウンド。長引くコロナでどうなる大阪の観光戦略


<記事バックナンバー>


▼2021/10/04 経済学部 長町理恵子 准教授
女性活躍の推進は関西活性化につながるか。関西の女性活躍推進の現状とその課題



▼2021/09/27 京都大学名誉教授 乾敏郎 追手門学院大学特別顧問
人間のようなロボットは可能か?認知科学とAIの可能性



▼2021/09/02 基盤教育機構 加藤哲平 常勤講師
死海文書とは何か。日本語訳プロジェクトに携わる研究者が明かす、その全貌



▼2021/08/27 経済学部 近藤伸二 教授
対岸の火事ではない。いま、日本人が台湾情勢を注視するべき3つの理由。



▼2021/08/03 経営学部 水野 浩児 経営学科
地銀・信用金庫に期待される「事業性評価」は地方創生の切り札となるか?研究と実践の第一人者が語る可能性。



▼2021/07/15 社会学部 有山篤利 教授

「柔道」から「JUDO」へ。オリンピックと共にあった日本のお家芸の過去・現在・未来。



▼2021/06/30 地域創造学部 井上典子 教授

【前編】なぜ世界遺産なのか?「モノ」から「人が暮らす空間」へ。より「重層的」な価値へと拡張する世界遺産を問う。


▼2021/06/30 地域創造学部 吉田佳世 講師
【後編】なぜ世界遺産なのか?「創られた!?」世界遺産の多面的側面を考える。



▼2021/06/14 心理部 本田秀仁 准教授
キラキラネーム、カタカナ名称。私たちは「名前」に支配されている?意思決定と名前のヒミツ



▼2021/05/27 社会学部 松山博明 教授
「連敗を止めた奇跡の暫定監督」が解説 サッカーJリーグに見る監督交代とは



▼2021/05/24 社会学部 森真一 教授
インスタ女子と自粛警察。SNSで増幅する共通項。その名は「観念的快」



▼2021/05/06 社会学部 松井健 教授

「火ノ玉ジャパン」それはボッチャ。パラリンピック種目の健康スポーツの魅力とは



▼2021/04/13 国際教養学部 広瀬依子 講師
NHK朝ドラ「おちょやん」が描く上方芸能と道頓堀。研究者が語るその深さとは



▼2021/04/02 追手門学院 広報課 谷ノ内識 課長
「大学広報」がNHKドラマ化。「ほぼ神崎真」が見た「大学広報」とは。



2020年度の記事一覧はこちら
https://www.otemon.ac.jp/whatsnew/news/_13989.html