ホーム>新着情報>ニュース>【OTEMON VIEW】新着記事を掲載しました。
【OTEMON VIEW】新着記事を掲載しました。
掲載日時:2021年7月15日


OTEMON VIEWに新着記事を掲載しました。


▼2021/07/15 社会学部 有山篤利 教授

「柔道」から「JUDO」へ。オリンピックと共にあった日本のお家芸の過去・現在・未来。



1964 年の東京オリンピックでの正式種目採用をきっかけに、日本古来の武術から世界的スポーツ「JUDO」として普及し、いま世界200 か国を超える国々で親しまれる柔道。


2度目の東京でのオリンピックを前に、改めて「柔道」そして「JUDO」の変遷から「柔道の未来」を社会学的見地で考えます。


今回は元高校保健体育教諭であり、柔道京都府代表監督として国体優勝経験もある武道学、体育科教育学、スポーツ社会学が専門の有山篤利 社会学部教授の解説です。



<記事バックナンバー>


▼2021/06/30 地域創造学部 井上典子 教授
【前編】なぜ世界遺産なのか?「モノ」から「人が暮らす空間」へ。より「重層的」な価値へと拡張する世界遺産を問う。


▼2021/06/30 地域創造学部 吉田佳世 講師
【後編】なぜ世界遺産なのか?「創られた!?」世界遺産の多面的側面を考える。



▼2021/06/14 心理部 本田秀仁 准教授
キラキラネーム、カタカナ名称。私たちは「名前」に支配されている?意思決定と名前のヒミツ



▼2021/05/27 社会学部 松山博明 教授
「連敗を止めた奇跡の暫定監督」が解説 サッカーJリーグに見る監督交代とは



▼2021/05/24 社会学部 森真一 教授
インスタ女子と自粛警察。SNSで増幅する共通項。その名は「観念的快」



▼2021/05/06 社会学部 松井健 教授

「火ノ玉ジャパン」それはボッチャ。パラリンピック種目の健康スポーツの魅力とは



▼2021/04/13 国際教養学部 広瀬依子 講師
NHK朝ドラ「おちょやん」が描く上方芸能と道頓堀。研究者が語るその深さとは



▼2021/04/02 追手門学院 広報課 谷ノ内識 課長
「大学広報」がNHKドラマ化。「ほぼ神崎真」が見た「大学広報」とは。



2020年度の記事一覧はこちら
https://www.otemon.ac.jp/whatsnew/news/_13989.html