ホーム>キャンパスライフ>学費・奨学金> 奨学金案内>日本学生支援機構奨学金(貸与制)>【貸与】「予約採用」または「編入生で第二種の継続希望者」

【貸与】「予約採用」または「編入生で第二種の継続希望者」

申込みから採用まで (高等学校在学時に日本学生支援機構奨学生採用候補者に決定している学生)

※高等学校在学中に日本学生支援機構奨学金採用候補者に決定している人は、期日までにこの手続を行わないと、採用候補者の資格を失うので、注意してください。奨学金採用手続き説明会で「奨学生証」等を受け取り、返還誓約書を提出することで、正式採用になります。

大学へ編入学した場合の奨学金継続貸与について

日本学生支援機構の奨学生であった人が、下記に該当し、第二種(有利子)の継続貸与を希望する場合は入学後、期日までに学生課窓口に申し出てください。所定の手続きをすることにより、第二種の奨学生に採用されます。ただし、第一種(無利子)を希望する場合は、新規に申し込む必要があります。

対象者 継続貸与を認める条件 貸与期間 提出書類

短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)で日本学生支援機構の奨学生であった人で卒業または修了した人。

  • ・大学が定める編入学制度に基づいて編入学したこと。
  • ・卒業・修了後1年以内であること。
  • ・編入学前の奨学金の「返還誓約書・借用証書」を提出していること。

入学月から本学が定める修業年限の終期まで。

  • ・編入学奨学金継続願
  • ・確認書・振込口座届
  • ・在学届

※内容が変更になる場合がありますので、詳細は説明会配付資料または学生支援課又は総合オフィスにて確認してください。